26年度通常総会を開催

6月7日(土)に平成26年度(第13期)通常総会が開催されました。

今年度は、事業計画の基本的考えを示したうえで、具体的な活動計画を確認しました。

西神楽地区は、今年4月1日現在で人口3457人、高齢化率(65歳以上)が43.3%で旭川市内1位となっています。また、地域内の空き家は70戸を超え、77歳以上の独居老人が120名以上いることから近い将来に空き家がさらに増える状況となっています。

このことをどのようにとらえるのかがポイントとなっています。

1つめは、65歳以上の方が多いということは、仕事リタイア後の時間と体力と知識・経験を持った人が最も多く、団塊世代がさらに加わって来るということであり、地域づくりの豊富な人材を抱えているということです。

2つめは、空き家・空地が多いということは、地域で活用できる建物・空間が豊富にあるということです。

3つめは、開拓の歴史を持つ地域コミュニティーがしっかりし、こじんまりとまとまった活動が展開できることです。

このようなポジテブな発想で地域を見つめると、いろんなことができそうです。面白いと思いませんか?

地域外の方の協力もご意見もウェルカムです。

高齢者には「安心して暮らし続ける環境」を、勤労世帯には「子供の健全な育成を地域が支えてくれる環境」を作り上げることを目的に活動します。

興味を持ったらグラウンドワーク西神楽にお問い合わせください。