団体概要 | 事業関連図 事務所の住所・連絡方法・職員・地図・経緯


 

 ← 一般財団法人 日本グラウンドワーク協会 会員

  

   特定非営利活動法人

 

 グラウンドワーク西神楽

 

   電話 0166-75-5305

   fax   0166-75-5306


●事務所  

 〒071-0172 北海道旭川市

        西神楽南2条2丁目666

 
 Tel :0166-75-5305    
 Fax:0166-75-5306  

 e-mail:

  info@gwnkagura.org

 

 営業時間 平日 9:00~17:00

 

 



●メンバー構成  
 理事長 武田勇美

 「西神楽のためだけに生きる」と言い切り、議員を引退してから選挙公約以上に

本気で行動している理事長です。     クリックで専用ページへ              

 副理事長 成田一芳  地域づくり協議会理事長兼務、環境、地域自治等を専門とし、幅広く西神楽に貢献。
     
 事務局長 成田 敬  各種の相談窓口、企画力・交渉力で課題解決する親切第一コーディネーター。
 事務局次長 佐々木正史 会計・事務処理ならびに機器取り扱いのエキスパート。
 理  事 谷川良一 農業就労、高齢者支援などのアイデア・実践の経験豊富。 
     
 専門委員会 市民委員会他 西神楽市民委員会の役員の方等の参加により、現状にあった活動を実現
 協議会委員 専門家の参加 (例) ウィルビーコンソーシアム、北方建築研究所、道北振興、旭川信金等

● 地 図


● 経緯

平成5年    :「西神楽地域づくりシンポジウム」開催.

             グラウンドワーク手法を地域住民約260名参加。

平成 6 2月:農家青年が中心となり「西神楽夢民村(ムーミンムラ)」を結成。

平成 612月:「西神楽地域づくり研究会準備会」を発足。

平成 7年 1月:阪神淡路大震災で被災児童のホーステイを受け入れ、パートナーシップを経験。

平成 8年 4月:現NPO法人の前身である「西神楽地域づくり研究会」を正式に結成。

 

平成13年4月:グラウンドワーク西神楽を設立し、同年10月にNPO法人化。

平成14年度  ;北海道開発局主催 「わが村は美しく-北海道」で銀賞受賞

平成15年度以降シーニックバイウェイ事業に沿道活動団体として参画

平成1611月:地域づくりフォーラム「西神楽の将来の望ましい姿を考える」を主催

平成1710月:日本グラウンドワーク協会設立10周年記念式典で功労賞を受賞。

平成18年 1月:第3回田園自然再生活動コンクールにて、「オーライ!ニッポン賞」を受賞。

 

以降、

個々の事業を通し地域の農家・住民・地域外の専門家・行政・団体・企業との協働関係を構築。